波動と免疫力をあげて新型コロナに打ち勝つ(水編)

女性の健康生活

帰省もままならない

今年のお盆はいつもと違うお盆を過ごしています。
私の実家は県内で、車で2時間くらいの、海や自然のキレイな観光地です。

いつもなら、実家の母のところへ娘たちや夫と帰省し、3泊くらい実家で過ごします。
お墓参りをして、早めにご先祖様たちが帰ってこれるよう、迎え火をたいたりなどして準備をします。

が、今回は、お墓参りだけはして、マスクをして除菌して、娘や夫は外で車の中で待ち、私だけが母と妹に1時間だけ会い、泊まりなしでした。

私が東京へよく仕事でいくし、娘も医療関係ですし、それを心配した妹と母からの涙涙の提案を受け容れました。

それでも母に会えて良かったです。
母の顔を見ると嬉しいです。
元気が出ます。
いつも母のお世話をしてくれる妹にも感謝です。

母は泊まらないよう自分で提案していても、会った時から嬉し泣きしています。
そして泊まれないことに寂しくて泣いています。
泣いている母を抱きしめることもできず、背中だけそっと手を置いてさすってきました。
かわいそうです。
88歳で楽しみをいくつも奪われていきます。

実家には、私が扱っている、オゾン脱臭器も持参しました。
オゾン脱臭器は、菌やウイルスをかなりの高確率で酸素に分解します。
東京都、大阪府、神奈川県の救急車は全車両に搭載されています。

社長が走り回って手に入れた、新型コロナウイルスの検体を、奈良県立医科大との共同実験で、
新型コロナウイルスの不活化の実験に成功したものです。

NHKにも3回取り上げら、プレスリリースでもあちこちに出回っています。
このこともわかる人にはわかるし、わからない人にはわからないですね。

物から人への感染対策にもなる、ドアノブ、カーテン、ソファなど付着菌ウイルスも消す優れものです。

安全面でも考慮されているので、大阪のある有名進学高校には、全教室、全部室、全トイレにも入り、3年以上学級閉鎖がないです。
だから救急車や病院、イージス艦、潜水艦、刑務所などにも入っているのです。

でも何が正しくて何が違うか、みな、言い切れないから戸惑っています。
世知辛い世の中です。

テレビは見ないで、免疫力を上げる

さて、実家には泊まることはできなかった私ですが、観光地では他県からの
たくさんの車や人を目にしました。
渋滞でしたし、飲食店もどこも、混んでいるように見えました。

かたや心配して、娘が泊まることも拒否しなくてはいけない母。

日本のおかしな縮図をあちこちで見ました。
日本だけではなく、世界かもね?

どうしたらいいでしょうか?

私が師事しているクエスト・グループのドクターギブソンも言っています。

新型コロナウイルス感染よりも、意識の感染のほうが心配だと。

いたずらに心配するようなことばかり煽るマスコミには要注意ですね。
テレビは見ないほうがいいと言っているくらいです。

そして、怖がるばかりではなく、免疫を上げておくのがやはり、対処への近道ではないかと思います。

波動と免疫を上げる

タイトルにもあります、波動と免疫を上げるですが、波動を上げれば免疫も上がります。
人間の体も、物質も、異なる振動、周波数で成り立っています。
人間を、物質を構成している素粒子は常に振動しています。

気が合う人、合わない人も振動数、波動の影響と言われています。

面白い実験があります。
水の中に電気を通す実験です。

1088Hzにすると、水面に浮かぶ水の形が亀の甲羅に似ている。
亀の甲羅は1088Hzの周波数を持っているのです。
だから亀は1087Hzになると病気になったりするそうです。

ですので、波動をその人の持つものに戻してあげると良くなるのです。

ですから、波動の良い食べ物、波動の高いサプリメント、波動の高い水、波動を調整するヒーリング、
はお勧めです。
筋肉を動かすのだって、振動をうまく使うエクササイズはたくさんあります。

波動を瞬時に変えるパッチなんていうのもあります。

私はどれもとりいれています。

波動の良いものを摂り入れて、自分の波動を修正し、高めていくことで、病気や感染から遠のき、
元気になり、自分のやりたいことをやれるのです。

波動と免疫力を上げる水

今日はその中で、水にポイントを置きます。

赤ちゃんで8割、子供で7割、成人で6割、高齢者で5割を体の中で占める水。

水を良いものに変えることは、かなり体の中を良くすること、波動を上げることに貢献できます。
水は1日2ℓ飲むことを勧めています。
それはそれだけ、尿、汗、呼吸などで水分が出ていくからです。
出ていくなら、同量の水を補給しなければなりません。

どうせ水を飲むなら、抗酸化力を高める水を飲みませんか?

私がお勧めなのは、「ナノバブル水素水」
なぜかと言いますと、病気や老化の9割の原因となる「悪玉活性酸素ヒドロキシラジカル」を
水に変えるからです。

多くの水素水は抜けてしまいますが、「ナノバブル水素水」はヒドロキシラジカルをとらえて水にする力がかなり高いです。
このことは、抑制力のデータとして提出でき、その数字に表れています。

ニンニク、キャベツ、玉ねぎなどが、抗酸化食品と呼ばれているのは、腸のところで水素を発生させ、
ヒドロキシラジカルを抑制しているからです。

だから腸の掃除をすると免疫力がアップすると言われたりしますね。
腸の汚れを取り、腸の力を高めてあげることは大切ですね。
私は定期的に腸内クレンジングもしています。

「ナノバブル水素水」は、病気の原因となるものをたくさん消してくれるお手伝いにもなります。

断食などにも、この「ナノバブル水素水」を活用すると、体への負担もなく、寧ろ
体のお掃除もスムーズに促します。

何しろ、サプリメントの効きもアップさせてくれます。
それで私は6年前に「ナノバブル水素水」を活用始めました。

ナノバブル水素水を飲んだり、お料理につかったり、お風呂に入れたりすることで
自分だけでなく、家族の健康を守ることができます。

お勧めです!

私のお伝えする情報を詳しくお知りになりたい方はこちらまでお問合せお願いします。

関連記事一覧