痛みや苦しみもあなたの味方なんです!

痛みの開放

痛みや苦しみの伝えたいこと

病気になったり、痛みを抱えると、なんでこんなに苦しいのだろう、辛いのだろうって思います。
早く良くなりたい、何とかしたいってもだえます。

なんで自分だけがこんな目にあうのだろう。
私の何がいけなかったのだろうかって悩みます。

でも実はその痛みが、苦しみが、自分の味方だって知っていますか?

痛みや苦しみがあるから、人間は気づくのです。
あー何かおかしいと立ち止まるのです。

痛みや苦しみを無視し続けていたら、体は確実に破壊され、死に至るでしょう。

体からの訴えにきちんと耳を澄ますと、次はどうしていったらいいかわかってきます。

自分の状態を受け容れる

その耳を澄ますためにはどうしたらいいか?

それにはまず受け容れることが大事です。

更に、「教えてくれてありがとう!」って受け容れられたら、それだけでベクトルが快復方向にぴんと向かいます。

体は一生懸命に、あなたにあなたの状態がまずいよとお知らせをしてくれるのですから、
けして最悪だとか思わないことです。

有難うです。
感謝です。

痛いのは誰でも嫌です。
苦しいのも誰でも嫌です。

でも最悪ではないのです。
痛みや苦しみでもって、教えてくれないままいくほうが最悪です。
体の中で悪い状態のままいくほうが最悪です。

気づかせてもらったことに感謝なのです。

中には、忙しすぎて、痛みや苦しみを無視してしまうなんて人もいますが、論外です。
忙しいという字は、心を亡くすと書きます。
心の健康を失うと、それは確実に病気が進みます。

チャンスを活かす

それでは何に気づかせてもらったのでしょうか?

今、自分が病気や痛みを持っているのは、意味があるということにです。

たいがいは間違った方向にいっていることへの体からの警告です。

今、そっちの方向へ行くのは、本当の自分が望んでいないよ。
であったり、、
これはやりたいことがあるのに、意に沿わないことをしていることでストレスを抱えて病気になってしまう人に多いです。

また偏食や運動不足、不規則な生活から病気を招くのは、その生活がおかしいから、変えていかなくてはなりませんよという体からのお知らせだったりしますね。

そうやって体は教えてくれるのです。
誰よりもあなたを守ろうとして。。。

ですから痛みや苦しみが起きた時は、それまでの自分を変えていくチャンスの時でもあります。

中には、人によっては、自分の苦しむ姿でもって人に気づきを与える場合もあるかもしれません。
その時は、ずっと痛みや苦しみから逃れられない場合もあるかもしれません。

小児がんのお子さんが最期まで懸命に、お母さんや周りに愛を与え続けてくれた姿をドキュメンタリーで見たことがあります。
そういった方は、多くの人に、命の大切さの気づきや、純粋な愛によって目覚めを与えるという凄い使命をもった方なんだと思います。

そういう方も中にはいます。

でもたいていの人は、自分を変えるチャンスだととらえることができれば、この時をそれこそ一生懸命に自分と向き合い、取り組むことができれば、その後を良い方向へと変えていけます。

自分を愛する

特に心の病気から立ち直れなかったり、苦しんでいる多くの人は、自分で自分を罰しているような方も多いです。
自分が悪いとか、罪悪感を持ったり、悩んだり、心配しすぎたり、反省しすぎても何も変わりません。

それよりは

自分は尊い!
自分は絶対に何かやれる!
自分の使命をいきれる!
自分は変われる!

そう自分を自分で鼓舞し続けることが大事です。

自分の一番の応援団長は自分なのです!
一番の応援団長だけは自分を見捨てず、自分を愛することです。
自分にしかできず、自分だからこそできることです。

そして今に集中することです。
今を100%生きることができれば、生きている喜びへと変わると思います。
それには、心と体の余計な緊張を解いてあげることも大切です。

添加物いっぱいの体、運動不足の体、傷ついた心は体を硬くします。

栄養補強、水、適度な運動、眠り、そしてヒーリングでゆるめ、
本当の自分を取り戻していきましょう。

上記の情報を詳しくお知りになりたい方はこちらまでお問合せお願いします。

関連記事一覧