更年期症状の重い人の特徴

更年期症状、重い、特徴、真面目
更年期障害

特徴よりも大事な事

更年期症状の重い人の特徴って知っていますか?
知りたいですよね。

それは、真面目な人らしいです。
ある婦人科のドクターに聞きました。
何でも自分で抱えて頑張ってしまうので、自分を余計に痛めてしまう。
人に頼む気持ちをもてるといいですね。

でももっと大事なことがあります。
それは更年期を受け容れることなんです。

あなたは更年期を受け容れていますか?

ちなみに男性も更年期はあるので、男性も同様です。

更年期を受け容れるとは

更年期を受け容れるってどういうことを指すのでしょうか?

それには更年期の意味がわかるとスコーンと入ってきます。

更年期とは老いに向かうこの時期を受け容れることと、新しい人生の創造の始まり!なんです。

老いへの準備期間なんです。

えー?老いを受け容れるなんて嫌だわってみんな思いますよね。
私たちが20代の時に、50代の人は相当老けて見えたでしょう。
でも今の50代はみんな綺麗だけれど、確実に老いはきているのです。

それを受け容れるのは容易な事ではありません。

でも老いもひとつの変化なだけです。

老いを受け容れることは何より自分のためなんです!
体のためであり、心のためであります。

老いも変化の一つ

更年期症状の重い方はただの真面目ではありません。
相当な頑張り屋さんです。
それは自分の為というより、家族の為にそうなっていたのです。

自分は差し置いて、子供や夫、家族を優先に自分の時間と体と心を使ってきたのです。
それをすることは大変だけれど、喜びでもありました。
自分を頼ってくる小さな生命を守り、助け、育むのはこの上ない喜びです。

でも子供たちは大きくなって、もう自分の助けは必要なくなったのです。

ですが、真面目で頑張り屋で、子供や家族のために使ってきた時間と心と体を
急にもう自分のために使っていいよなんて言われても
受け容れることは大変です。

良妻賢母だった自分からなかなか、一人の女性に戻ることができません。
新しい人生を創造する準備期間?いったい何したらいいの?
わからないーーーーってなりますよね。

老いへの準備期間を明るく過ごす

人が変化を嫌うのは、生き延びるために、そのように太古の昔からインプットされています。
ですので、子育ても終わったから、もう自分の時間だよと言われても心と体が追いつかない。

そこにずれが生じ、ホルモンに影響を与え、バランスが崩れてくるのです。

また日本の家父長制のもと、女性は家庭を重んじろという歴史的、社会的背景も
実は根強くあり、それが女性たちを苦しめ、更年期症状にも影響を与えています。

それと栄養不足、毒の溜まりすぎ、運動不足、いろいろな原因でも更年期症状は引き起こされます。

ですから、できるだけ添加物の入っていない食べ物を摂ることも大事です。そして現代は食べ物に栄養が不足しているので、サプリメントで栄養を補強をするのも重要です。また毒をとり、できるだけ毒も入れない、適度な運動をするだけでも全く心と体は変わってきます。

辛い更年期症状を明るく過ごせれば、新しい人生を創造していきやすいのです。
それにはできるだけ良い食べ物を摂り、栄養補強によるサプリメント、解毒、良いお水などを賢く摂り入れていくのは必要なんです。
サプリメント情報などをお知りになりたい方は、私のプロフイール欄にありますアドレスに是非ご連絡ください。

関連記事一覧