痛みの原因と解決策

痛みの原因、体を動かす
運動

痛みの多い現代人

テレビ、雑誌、本でもたくさんの痛みを無くすためのものが売れていますね。
また病院や整体で治療しても、痛みのある人が中々減らないように思えます。
病院は常に混んでいますね。

これだけ痛みの多い人が増えている原因はいったい何でしょうか?

添加物や農薬の多い肉や魚、野菜、米、パンなどを食べすぎていること。
臭いがなくなるからと安易に化学のものでくるんだものを吸っていること。
大気汚染。
水不足。
お菓子、アルコール、ジュース、炭酸飲料、タバコなどの嗜好品の食べすぎ、飲みすぎ。
気をつけている野菜でも、昔に比べて土の中から栄養価が下がっていること。
運動不足。
睡眠不足。
心の問題からの痛み。
等々、書ききれないくらいいろいろあります。

今日はその中の運動不足を書いていこうと思います。

運動不足の原因は?

運動不足というと思い当る方多いのではないでしょうか?
私達は昔に比べて急速に体を動かさなくなりました。

車、電車、パソコン、携帯、洋式トイレ、様々な便利な電化製品、それらの普及で生活は本当に変わりました。
体を動かさなくていい、便利な世の中になりました。

その便利さと引き換えに、昔動かしていたところを動かさなくなったのが痛みの原因の一つです。
急速に動かさなくなったのも痛みの要因です。

つまりは動かさなくなったために、眠りについてしまった筋肉がいるということです。
筋肉は伸ばす、縮むを仕事にしている筋肉です。
ここが使われなくなると固まっていってしまいます。

雑巾がけはおすすめ!

痛みの原因の一つに、便利な電化製品の普及を挙げました。
その中の車、電車、携帯、スマホにはなるほどと思うことでしょう。

ですが洋式トイレには?マークの方がいるかもしれません。

洋式トイレはどうしてダメなんでしょうか?
絶対ダメとは言いませんが、日本人は長らく、あのスタイルでした。
あのスタイルは、実はとても良かったのです。

和式トイレの良さは、体の中で一番大きいと言われている大腰筋を使うことです。
ですから長いこと和式トイレにいるとかなり大腰筋が使われます(^^)

雑巾がけもそうですよね。
ああいう動作はとても大事でした。
「いい子供を産みたかったら、お産を楽にしたかったら、トイレ掃除をしっかりやりなさい」と昔はよく言っていましたね。
あの動作もいいのです。

そういったところを動かさなくなったことで、筋肉が固まってしまいました。
それを動いている他の筋肉が助けてくれていますが、それにも限界があります。

そうして、固まった筋肉と限界真近な助けてくれている筋肉とのアンバランスが起きてきたのです。
そのことで、骨が神経にあたるなどして痛みが出るようになってきたのです。

痛み、体を動かす

体を動かすに限る

ではそれらを解消するにはどうしたらいいでしょうか?

体を動かすに限るのです。
それもまんべんなく。。
いろいろな動きをするのがお勧めです。

トイレ掃除もいいです。
雑巾がけも良いです。
和式トイレ見かけたら入るのもよし。

そして歯磨きをするように、体のお手入れセットとして簡単なエクササイズを続けるのが良いのです。
私がやっている運動療法にご関心あります方はお知らせください。

関連記事一覧